注意の仕方つて難しいよね

どうも、もうすぐで社畜卒業の萬朶櫻ばんだのさくらです。21朶目の記事です。

この記事は、本當ほんたうは昨日に上げたかつたんですが、昨日は高校時代の友人たちとくゎいをしてゐたので、今日にずれ込みました。

お蔭でブログ開設以來いらいの毎日更新が途切れました。

閑話休題、僕は3年くらゐ前から日記を書いてます。漢文で。

それでふと1年前の日記をみ返してみると

今日最厄日。由是時秋長。太恨彼粗報。
今日は最惡な日だ。時間がとても長く感じた。あの雜な連絡が恨めしい。

こんな事が書いてありました。相當さうたうイヤな事があつたやうです。

んでると當時たうじの記憶が蘇つてきたので、氣持きもちの整理がてら書かうと思ひます。

2月28日にY(社内のシステムを總括そうくゎつしてゐる、かなり偉い人)から

サーバーのメンテナンスがあるのでファイルの操作はしないでください

とメールで連絡がありました。

僕は「今日はサーバー使用不可なんだな」とさはらないでおきました。

それで問題の3月1日、僕がサーバーのファイルをいぢらうとしてみるとなぜか動作がをかしい。それでYに「サーバーが重いです。何かをかしな所が無いかどうか確認してほしいんですけど」とメール連絡を入れると、

お前さ、昨日の連絡聞いたよな? もう忘れたのか!? ナメてんのか!!??

急に立ち上がり、大聲おほごゑで、それはもうどエライ劍幕けんまくでYに詰め寄られました。

どうやらサーバーが使用不可だつたのは2日間(2月29日〜3月1日)だつたやうです。

社員にとつてはその事はたり前だつたらしいのですが、新入りの僕にはそんな事わかりません。

その時のYのひどく人を見下した表情、キーボードのカタカタ音にせて聞こえてくる「あ〜あ、ヤつちまつたな」「鈍臭い奴だな」「かかはらないやうにしよう」と云ふ無言の同情、もしくは嘲笑。

當時たうじの情景がありありと蘇つてきました。

Yは普段はさくな人で、入社時にも色々と良くしてくれました。かなり頼りになる人です。

しかしその事件以來いらい、僕の生來せいらいのコミュ障も手傳てつだつて苦手意識が芽生え、距離を置くやうになつてしまひました。

僕の讀解力どくかいりょく不足だつたのかもしれません。それでも(少なくとも僕から見て)Yとの間になんとなく壁ができてしまつたのは事實じじつです。

それでも、もしもあそこまで突き刺さすやうな叱り方でなければ、こんな記事を書くこともなかつたのかもしれません。

なんだか勿體もったいないですね。

僕も注意する側の立場になつたらをつけようと思ひます。言ひ方1つで今後の關係くゎんけいはるかもしれませんからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA