ゆるキャン△は實寫である

どうも、志摩リンの生き方に憧れる萬朶櫻ばんだのさくらです。22朶目の記事です。

僕は日常系アニメが好きで、毎期そのジャンルのをてます。たまに見逃しますけど。今期はポプテピピックゆるキャン△、スロウスタートをてます。

僕は日常系では、ゆるキャン△がに入つてます。

ゆるキャン△公式サイト

それにしてもゆるキャン△つてなんか獨特どくとく氛圍氣ふんゐきありますよねえ。今までてきたアニメといろいろ

ツイッターでそのあたりの考へを呟いたので、掘り下げてみます。

あ、ヤベえ間違へた。

實寫じつしゃつぽい」つて何か語弊があるかもしれないんですけど、要するに「すごいリアルつぽい」つてことなんです。ゆるキャン△の世界つてなんかそのへんにありさうなんですねえ。

富士山周邊しうへんのキャンプ場にフラッと行くと普通に逢へさう……。作畫さくぐゎポイントを背景美術に全振りしてるお蔭で、説得力が増してるんでせうね。

キャラが限りなく等身大つて云ふのもいいですね。

8話で野クル組みが齋藤さいとうさんと一緒に理科室で色々やつてましたけど、それが終はつた後、一緒にかへらずに別行動でしたよね。ああ云ふ距離感、良い!

もちろん「ごちうさ」みたいに異國いこく情緒あふれるのもいいし、「けいおん」みたいな金錢面をどうにかしてくれる經濟けいざい萬能ばんのうキャラがゐてもいいし、櫻Trickみたいに密着(意味深)しててもいい。

でも、さう云ふのつて宴會えんくゎいとか祭りみたいな「やつぱり畫面ぐゎめんの中でくりひろげられる非日常」と云ふ印象があります。

僕はゆるキャン△をてる時、宴會場えんくゎいぢゃうから退出して鐵製てつせいの非常階段に坐つて夜風にたつてゐるやうな感覺かんかくになります。あのEDの氛圍氣ふんゐきがよりいつそうそんな感じにさせるんでせう。

だからこそこのアニメが僕の心に響いたんだと思ひます。

早く最新話がたいけれど、最終囘が恐い……

それはさうと、リンちゃんと一緒にソロキャンしたい(矛盾)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA