Word Pressで「下書きをウッカリ投稿」を防ぐ小ワザ

どうも、ブログ書きの萬朶櫻ばんだのさくらです。49朶目の記事です。

先日こんなことがありまして

要するに記事の編輯へんしふ途中で、「公開せずに保存」したかつたのに「保存して公開」してしまつたわけです。

該當がいたうの記事は、半分以上編輯へんしふしてあつたので、それほどヤバくはなかつたんですが、もしほとんどつ白な記事だつたらと思ふと恐ろしいですね。

「下書きをウッカリ投稿」する原因


これがWord Pressの編輯畫面です。

これの左上「公開」と題されたパネルがありますが、これが保存や公開を設定するパネルです。


擴大くゎくだいするとこんな感じです。

「下書きとして保存」が「公開せずに保存」です。
「公開」が「保存して公開」です。

見ての通り、この2つめっちゃ近いんです。

ボーッとしてゐると「下書きとして保存」と「公開」を間違つて押しさうになるんです(實際じっさいに間違つたわけですけど)

對策

今後同じやうなことがないやうに何か對策たいさくはないかと考へてゐると、思ひついたことがあるので紹介します。


同じく「公開」パネルから「すぐに公開する」と書かれた所を見て下さい。

ここの横に「編輯へんしふ」とあるのでそれをクリックしてください。


すると「公開豫定よてい日時」に變はるので、年、月のあたりの項目を思ひきり未來みらいにしてください。

今囘こんくゎいの場合だと編輯へんしふの時期が3月なので、思ひきつて12月にしました。

すると公開豫定よてい日時が12月になるのでそのまま「OK」を押してください。


右下の所、「公開」となつてゐた所が「豫約よやく投稿」になりました。

かうすると間違つて「豫約よやく投稿」を押してもすぐには公開されず、先ほど設定した日時まで猶豫いうよが生まれます。

まとめ

上記設定をした後にウッカリ「豫約よやく投稿」を押すと、「下書きとして保存」が消えて、右下の「豫約よやく投稿」が「更新」にはります。

あとは普通に編輯へんしふして、「公開日時」を適切な日時に變更へんかうして、公開してください。

公開日時の調整は忘れずに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA