じつさいに住んでる僕が選ぶ。シェアハウスに持つて行くべきモノ、欲しい物まとめ

シェアハウス家財・日用品

僕がシェアハウスに引つ越してきてからすうカ月。

さすがにこれだけの期間住んでゐると、「前の住居からアレを持つてきたらよかつたな~」とか、「コレが無いと不便だな」と、要望がいろいろ出てくるもの。

 

といふわけで、どうも、萬朶櫻(@wanduoying)、137朶目の記事です。

本記事ではシェアハウスで必要と思はれるものを備忘録がてら列記していきます。

これからシェアハウスに住まうと思つてゐる人の參考さんかうになれば幸ひです。

注意
一口にシェアハウスと言つても形態は樣々さまざま

本記事での紹介を鵜呑うのみにせず、入居豫定よていの物件事情に合はせて買ふものを決めませう

僕が住んでゐるシェアハウス、「伸びシロハウス」の情報

  • 京都の古民家
  • とてもひろ
  • 最大で15~20人居住可能
  • 現在の住人は6~7人
  • リフォーム前で、防音、防寒耐熱が期待できない

伸びシロハウス京都の詳細は、こちらの記事に

リンク:東京と京都の『伸びシロハウス』、兩方のシェアハウスを見た僕が感想を書く

伸びシロハウス東京と京都の『伸びシロハウス』、兩方のシェアハウスを見た僕が感想を書く

シェアハウスで必要なもの

持つていく荷物はそれほど多くない

僕がシェアハウスに引つ越す前は、東京のワンルームに住んでゐました。

そのため、持つてゐた物を(一時的に)すべてシェアハウスに持つていつたんですね。

 

しかし生活していくにつれて、私物のほとんどは大して必要ではないことに氣付きづきました。

少しづつ捨てたり、實家じつかに送つたり…

そんなことをやつてる内に、いつの間にか作業用机とデスクトップPC、衣類などのこつたのはこれくらゐでした。

必要なものは人それぞれですが、持ち込む物はそれほど多くはないのかもしれません。

その都度アマゾンで買へばいいですしね。

料理、調理關係

料理本

「料理はみんなで交替制」「料理係が1人ゐる」

シェアハウスによつて料理制度は樣々。

皆さんが住んでるシェアハウスはどうでせう?

 

いづれにせよ、食事は人間にとつて大事なこと。

料理が得意な人が居ない場合、かういふテキストがあると良いでせう。

伸びシロハウスではゆうと君が調理擔當になつてますが、この本は大活躍です。


ティファール(電氣ケトル)

カップめん、コーヒー、味噌汁……

ティファールはインスタント食品の強い味方。

僕だけでなく、住民のみんなが毎日何度も使つてゐます。

電子レンジ(できればオーブン付きを)

僕が東京から持つてきて、伸びシロハウスに讓渡じようとしたもの。

これも毎日フル活用されてゐます。

普通のレンジではなく、オーブン付きのだと、食パンもけて便利ですよ。

自分用や來客用にコーヒーとか紅茶、できるだけたくさん

僕はコーヒー好きなので毎日んでます。

インスタントのを大量に仕入れておくと、他住民も利用できますし、來客らいきやくにも對應たいおうできますよ。

清潔に關するもの

普段の小さな事から、月イチの大掃除まで、買つて良かつた物を書いてます。

ビチャビチャ足マットがイヤなら2枚以上

シェアハウスと云ふことは、複數ふくすうの人が1つのシャワーを使用するわけです。

そして立てつづけに風呂場に出たり入つたりすると、足マットに水分が……

後から利用する人はビチャビチャの足マットを踏むことになるわけで、ちよつと不便ですよね。

 

そこで足マットを2枚以上用意しておき、濡れてきた頃合ひを見計らつて取り替へれば、後からの人も快適。

僕はへんなタイミングでシャワーを浴びるので、重寶ちようほうしてます。

匂ひ對策のファブリーズ

created by Rinker
ファブリーズ

説明不要。

匂つてきたら使ひませう。

分別可能なゴミ箱、できればフタ付きのを

キッチン付近に、分別できる大きめのを置くといいでせう。

匂ひ對策たいさくのため、フタ付きのものをオススメします。

手で持てるタイプのクイックルワイパー

この手の道具は、1つくらゐ持つておいた方が良いかと。

流せるトイレブラシ

トイレ掃除つてなんであんなに面倒いんですかね。

まあ掃除全般が面倒臭いんですけど。

これはブラシ部分が使ひ捨てなので、毎囘まいくわい清潔感が保ててよかつたです。

しかも流せるので、いちいちゴミ箱に走なくてもいいつてのもおに入りポイント。

シェアハウスで必要なもの【季節ごと】

つづいて季節へんですが、

  • 夏:暑さ對策
  • 冬:寒さ對策

だいたいこんな感じです。

夏にあると嬉しいもの

扇風機

created by Rinker
山善(YAMAZEN)

伸びシロハウス京都では、リフォーム前で、エアコンも斷熱だんねつもマトモにいてゐませんでした。

僕が入居した頃は熱さが少しマシだつた時期だつたんですが、そのちよつと前までは地獄だつたらしいです。

先約の住人たちは四六時中パンツ1枚で過ごしてゐたとか。

さういふ過酷な環境で、扇風機は大活躍だつたさうです。

 

扇風機だけでなく、夏は暑さ對策たいさくを十分にしませう。

熱中症が怖いですしね。

ムシよけのための蚊取り綫香、殺蟲劑

伸びシロハウスがあるところはむしが湧きやすいところでした。

鬱陶しい蚊を排除するのに、蚊取り綫香せんかうは有效なアイテムです。

created by Rinker
アース製藥株式會社

他にもやらクモなんかが出現するので、スプレー式のを幾つか用意しておくといいでせう。

冬にあると嬉しいもの

ひざ掛け用の毛布、ブランケット

京都は地理的に冷えやすい立地らしく、

この記事を書いてゐるのは10月半ばなのですが、この時點じてんですでに寒いです。

 

今もる用の毛布を膝に掛けてパソコンに向かつてゐる状況。

さすがに大きくて使ひづらいので、ひざ掛け用のを用意しました。

サイズ感が良くて便利ですねえ!

足元を温めるスリッパ

理由は上記のとほり。

地面つて、思つた以上に足から體温たいをんを奪ふんですね……

もともと置いてあつたスリッパを履いて作業してゐたんですが、モコモコした温かいスリッパを用意したら段違ひで快適になりました!

まとめ

以上、僕の體驗たいけんを基に、シェアハウスで必要つぽいものを書いていきました。

もし追加項目が出てきたら、適當てきたうに追記していきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA