知識ゼロの人にピッタリな『知識ゼロからの西洋繪畫入門』レビュー

知識ゼロ西洋繪畫入門

どうも、萬朶櫻(@wanduoying)、156朶目の記事です。

 

知識ゼロの人からすると、西洋繪畫くわいぐわ・美術つて難しい印象ありますよね。

サクラ

人の名前とかは聞いたことあるけど、詳しくは分からん

そんなわけで、初心者にも分かりやすい入門書を見つけたので、紹介します。

知識ゼロからの西洋繪畫入門(山田五郎著 幻冬舎)

「西洋繪畫くわいぐわ入門」と書いてあるので、作品がたくさん掲載されてゐるのかと思つてゐましたが、

開いてみると、作品といふよりは作者にスポットをててゐる印象でした。

▼探してみると、同じ著者で「知識ゼロからの西洋繪畫入門」といふ本を見つけました

こちらはまだんでないんですが、タイトルから察するに、歴史や時代背景に焦點せうてんてたものかと思ひます。

興味がある人は、併せてんでみるといいかもしれません。

知識ゼロからの西洋繪畫入門 ポイント

  • 西洋繪畫くわいぐわ・美術の歴史的な流れをザックリ説明
  • 畫家ぐわかそれぞれの個性がパッと見でわかる「履歴書システム」
  • 作品の圖解づかいは解りやすく、スッと頭に入つてくる

「作品」と「人」が半分半分

作品自體じたいの他、その作品を描いた畫家ぐわかにも焦点がてられてゐます。

『知識ゼロからの西洋繪畫入門』目次

『『知識ゼロからの西洋繪畫入門』』目次

このやうに、目次を見るとわかりますね。

 

紹介されてゐる畫家は34人。

1人の畫家に對して、原則1つの作品を紹介する形式です。

サクラ

「とにかく作品をたくさん見たい」といふ人は注意です

西洋繪畫・美術の歴史的な流れをザックリ説明

『知識ゼロからの西洋繪畫入門』 古典~中世

『知識ゼロからの西洋繪畫入門』10頁より

西洋美術の古代から現代まで、どんな樣式やうしきが流行つたのか。

またその樣式やうしきの特長はどんなもので、どういふ畫家ぐわかがゐたのか。

さう云つたことがまとめられてゐます。

 

『知識ゼロからの西洋繪畫入門』 現代

『知識ゼロからの西洋繪畫入門』128頁より

また西洋美術を鑑賞するときに厄介なのが「專門せんもん用語」。

構成主義や印象派など、名前だけは聞いたことあるんだけど、具體的ぐたいてきな意味はよくわからない。

そんなことがよくあると思ひます。

 

特に20世紀は色んな藝術げいじゆつ運動が生まれては消え、消えては生まれを繰り返して、もう意味不明です。

そんなややこしい時代も、この本で勉強したいところですね。

作家それぞれの個性がパッと見でわかる「履歴書システム」

『知識ゼロからの西洋繪畫入門』 ルノワールの紹介

『知識ゼロからの西洋繪畫入門』98頁より

この本は作品自體じたいの解説もあるんですが、その作品を描いた畫家ぐわかにも紙幅を割いて解説されてゐます。

畫像ぐわざうでも、まづは作家の紹介をしてゐますね。

 

『知識ゼロからの西洋繪畫入門』 ダヴィンチの履歴書

『知識ゼロからの西洋繪畫入門』29頁より

そして僕がこの本でいちばん興味深いと思つたのが「履歴書システム」です。

レオナルド・ダ・ヴィンチを例にげると、彼の半生やエピソードはもちろん、得意なモチーフや個人的な部分まで丸裸。

サクラ

著者である山田編輯長へんしふちやうからのコメントも面白いよ

作品の圖解は解りやすく、スッと頭に入つてくる

『知識ゼロからの西洋繪畫入門』 ムンク「叫び」

『知識ゼロからの西洋繪畫入門』119頁より

もちろん作品の解説もあります。

まづはその畫家ぐわかの代表作を一枚選んで掲載し、その下には山田編輯長へんしふちやうから簡潔なコメントを。

 

『知識ゼロからの西洋繪畫入門』 ルノワールの作品解説

『知識ゼロからの西洋繪畫入門』100頁より

そして次ページからは圖解づかいなどを驅使くしして、より詳細な解説を行ふ、といふ流れです。

まとめ

時代の流れを追ひつつ、そこに生きた畫家ぐわかたちの人生とその作品を知ることができる。

入門としては十分な内容だと思ひます。

 

またたくさんの人物が紹介されてゐるので、自分好みの畫家ぐわかを見つけるものいいのではないでせうか。

サクラ

女の子がメインモチーフの僕としては、ルノワールが好みです

 

▼本記事で紹介した『知識ゼロからの西洋繪畫くわいぐわ入門』

 

▼同じ著者による關聯くわんれん書籍、『知識ゼロからの西洋繪畫史くわいぐわし入門』

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA