ドレスの美少女を描きたい……そんな人には『麗しのドレス圖鑑』がオススメ

ドレス

どうも、萬朶櫻(@wanduoying)、171朶目の記事です。

 

このページを見てゐる人は、たぶんを描いてる人と思ひます。

そして、もしかすると、

ドレスの美少女を描く仕事がたんだけど、どう描けばいいの???

ドレスをあまり描かないプロ

可愛いドレスの女の子が描きたいなー

ドレスを描きたいアマ

こんななやみを持つた方もゐるかもしれません。

 

サクラ

わかる(眞顏)

 

といふわけで、ドレスにまつはるアレコレを解決してくれさうな本を見附けてきました。紹介していきます。

麗しのドレス図鑑 花園あずき著、徳井淑子監修 マール社

本書のポイント

良いと思つたところ(メリット)

  • 時代ごとの流行や特徴を網羅
  • 下着や小物まで細かく記述されてゐる
  • 薀蓄ウンチクや時代背景についての解説もあり
  • 「描き手」に嬉しい、いくつかの解説
  • イラストが全部可愛いので、見てるだけでたのしい

とにかくたくさんの例があり、ニッチな部分らさず拾つてゐる。それでゐて描き手目綫めせんの解説を完備。

つてとこです。

サクラ

あと繪柄ゑがらが可愛い(重要)

氣になつたところ(デメリット)

  • 中身はモノクロ印刷なので、色のイメージが湧きにくい
  • 寫眞しやしんではなくイラストなので、の作風に引つ張られるおそれがある

いづれも、僕は氣にならなかつたんですが、人によつては氣になるかもしれませんね。

 

色にくわんしては、

白黒だからこそ自分のイメージする色を引き出しやすい

或る人

僕には色のセンスが無いから、サンプルとして色を付けて欲しい

或る人

いろいろ意見があるかと思ひます。

 

また、本書には寫眞しやしんが一切入つてをらず、イラストのみです。

なので、他人の作風に影響されやすい人にとつては參考さんかうにしづらいかもしれません。

こんな人にオススメ

イラストレーター、漫畫家、畫家

とにかく描く人、ですね。 僕みたいなやつです。

イラストレーターなら、この本があるだけでだいぶらくになると思ひます。

サクラ

ドレスつて見た目がややこしいから、描くのに戸惑ふよね…

 

あと漫畫家まんぐわかの方は、時代考證こうしようを踏まへてストーリーを練るものです。

デフォルメされた繪柄ゑがらやファンタジー世界觀せかいくわんならまだしも、リアルな史實しじつモノを描くなら避けては通れない所でせう。

この本は、さう云つた時代背景にも少しれてゐるので、創作の助けになると思ひます。

ドレスを着た女の子を描く人

  • 急にドレスを着た女の子を描く仕事がきて焦つてる
  • なんとなく綺麗なドレスの美少女を描きたい

かういふ作家さんですね。

 

特に女の子メインで描いてる人なら、ドレスといふファッションは押さへておきたいところ。

サクラ

かう云ふ本を1册でも持つてゐると安心

時代ごとの流行、ドレスの形状について詳しく知りたい人

この本には、ドレスにまつはる多くの知識が收録しうろくされてをり、たんに知りたい人にも役立つと思はれます。

またイラストが綺麗なので、見てたのしむことも可能でせう。

見た感じの感想、レビュー

基本的に、各時代ごとのドレスの變遷を解説

ドレス圖鑑 目次

目次より

  • 1章 ゴシック~ルネサンス
  • 2章 バロック~ロココ
  • 3章 帝政~19世紀前半
  • 4章 19世紀後半~20世紀初頭

サクラ

中世ゴシックから20世紀のココ・シャネルまで、ミッチリでした
ドレス圖鑑 年代ごと

82~83ページより

ドレス圖鑑 年代ごと2

47頁より

文字よりも壓倒的あつたうてきにイラストが多いのが分かると思ひます。

かゆい所に手が屆く、細かい解説

下着の變遷

ドレス圖鑑 下着について

113頁より

地味に嬉しいのがコレです。

見えないところだからこそ、構造を知つておくと作品の説得力に繋がるもの。

また漫畫まんぐわで着替へシーンを描くときも安心ですね。

サクラ

コルセット多すぎ問題

ヘアースタイルの變遷

ドレス圖鑑 髮型について

114頁より

サクラ

ロココ時代の盛り具合に吹きました

服飾、小物の變遷

ドレス圖鑑 小物について

118頁より

小物にも當時たうじの流行が反映されてをり、參考さんかうになります。

創作のイメージが湧く、多彩なアレンジ例

ドレス圖鑑 アレンジ例

92頁より

所々でクリエイターによるアレンジ例が示されてゐます。

案外多くて見應みごた十分じふぶん

サクラ

ファンタジーなドレスにも應用おうようできる!

じつさいにドレスを描く際のアドバイスがあり、親切

コンセプト、キャラクター、テーマ、シルエットから逆算して考へる

ドレス圖鑑 解説

125頁より

  • 史實しじつかファンタジーか?
  • 時代設定は?
  • 家の身分は?
  • キャラの性格は?
  • 服のシルエットは?

かう云ふ所から設定を練ると良いらしく、特にシルエットにくわんする解説が分かり易かつたです。

フリル、、リボン、レース、薔薇…定番モチーフの簡單な解説

ドレス圖鑑 フリル解説

134頁より

  • 基本的な形を見せる
  • 簡單かんたんな描き方の解説
  • 細かいディティールを傳授でんじゆ
  • デザインのバリエーションを提示

かう云ふ流れで簡潔な解説を載せてくれてゐます。

サクラ

どれもドレスに付きものなモチーフ

まとめ

量、質ともに高いレベルの内容。

女の子好きな繪描ゑかきに、是非オススメしたい參考書さんかうしよです。

サクラ

僕も今度、ドレス描いてみよう~

▼今囘紹介した『麗しのドレス圖鑑』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA