【書評】運や實力よりも強力な「錯覺資産」で人生の勝ちパターンをつかみとれ!

錯覺資産

どうも、萬朶櫻(@wanduoying)、158朶目の記事です。

 

いやー、人生つてなかなか上手く行きませんよね。

この世知辛い世の中でよく聞く單語たんごといへば、「運」と「實力じつりよく」の2つ。

 

 と 實力じつりよく

 

皆さんは、人生の成否を決めるのはどちらだと思つてゐますか?

人生なんて、しよせん運次第だろ

或る人

いやいや。今の時代、成果主義だから實力じつりよくが大事だ

或る人

サクラ

(どつちも一理ある……)

なるほど、どちらとも正しいやうに聞こえますね。

 

でも、もし、どちらも間違つてゐるとするならば?

もし、運と實力じつりよくの他に、かくされたもう1つの要素があるとするならば?

 

人生の勝ちパターンを提示してくれさうな本を見つけたので、紹介します。

人生は、運よりも實力よりも「勘違ひさせる力」で決まつてゐる(ふろむだ ダイヤモンド社)

冒頭で書いた「もう1つの要素」とは、タイトルにもある「勘違ひさせる力」のことです。

その「勘違ひさせる力」のことを、本書では「錯覺さくかく資産」と呼んでゐます。

本書の概要・ポイント

  1. 人生を左右する「錯覺さくかく資産」の解説
  2. 錯覺さくかく資産」による「實力じつりよく主義」の欺瞞ぎまんを暴く
  3. 錯覺さくかく資産」を利用した成功法を考へる

「錯覺資産」つて何?

錯覺資産の素、「思考の錯覺」

錯覺さくかく資産は、「思考の錯覺さくかく」といふものに基づいて産み出されてをり、

錯覺さくかく資産を知るためには、まづ「思考の錯覺さくかく」について知つておく必要があります。

 

思考の錯覺さくかくとは、心理學しんりがく用語で云ふ「認知バイアス」のこと。

認知バイアス(にんちバイアス、英: cognitive bias)とは、認知心理學しんりがく社會しやくわい心理學しんりがくでの樣々さまざま觀察者くわんさつしや效果かうくわの一種であり、非常に基本的な統計學とうけいがく的な誤り、社會しやくわい歸屬くゐぞくの誤り、記憶の誤り(虚偽記憶)など人間が犯しやすい問題である。

――wikipedia『認知バイアス』より

筆者は「分かり易さのために『思考の錯覺さくかく』といふ言葉に置き替へた」とのこと。

 

本書で言及のある思考の錯覺さくかく(認知バイアス)は

  • ハロー效果かうくわ
  • 少數せうすうの法則
  • 運を實力じつりよくだと思ひ込む錯覺さくかく
  • 後知惠あとぢゑバイアス
  • デフォルト値バイアス
  • 一貫して偏つたストーリーを眞實しんじつだと思ひ込む認知バイアス
  • 質問の置き替へにくわんする認知バイアス
  • 利用可能性ヒューリスティック
  • 感情ヒューリスティック
  • 認知的不協和

こんなにもあります。

サクラ

めちやめちや多いな

 

しかも、この「思考の錯覺さくかく」は、自分では「錯覺さくかく状態」にあることに氣付きづきづらいとか。

サクラ

厄介なんやな

 

せやな。

これらたくさんの「思考の錯覺さくかく」が複雜ふくざつに絡み合つて、錯覺さくかく資産なるものが産み出されてゐるわけです。

 

たとへばハロー效果

ハロー效果かうくわは、「なにか1つ、優れた部分があると、その他全部が優れてみえる」といふものです。

  • り上げを半期で73%増やしました
  • 株式會社ぐわいしや○○の營業えいげふ部長をやつてました
  • 月間300まんPVのブロガーです

こんな事を言はれると

サクラ

すげえ、きつとこの人は何やつても成功するんやろな…

と、無意識に思つてしまふでせう。

これがハロー效果かうくわです。

 

もちろん、ハロー效果かうくわにはマイナスにも働き、

  • 絶望的なブサイク
  • 10億の商談をパーにした營業えいげふマン
  • とんでもない失言をした政治家

こんな場合、「コイツは何やつてもダメだらう」と烙印を押されてしまふことも。

本題、「錯覺資産」とは

先述したハロー效果かうくわのやうに、思考の錯覺さくかくは、自分にとつてマイナスにもプラスにも働きます。

つまり、自分がイケメンだつたら、全體的ぜんたいてき評價ひやうかが勝手に上がるし、ブサイクだつたら、逆の評價ひやうかになると云ふこと。

 

ここで重要なのは、プラス方向の「思考の錯覺さくかく」は、自分にとつてオイシイと云ふ事實じじつです。

つまり、

  1. 他人があなたにたいして思考の錯覺さくかくを懷いてゐる
  2. その思考の錯角はあなたにとつて都合がいい

この2つの要素が合はさると、その錯覺さくかくは、あなたにとつて資産たりうるんですね。

サクラ

これが錯覺さくかく資産の正體しやうたい…!

 

この錯覺さくかく資産を持つてゐると、他人からプラスに評價ひやうかされやすくなり、良いことづくめ。

○○で成功したサクラちやんは、何をやつても成功するはず!

或る人

こんな實績じつせきがあるサクラちやんなら、きつと優秀な人に違ひない!

サクラ

サクラ

ぬへへ

 

箸者も、書中で

錯覺さくかく資産を持つ者にとつて、人生はイージーモードの神ゲーだが

持たざるものにとつて、人生はハードモードのクソゲーになる

とキッパリ言ひ切つてゐます。

 

本書では、そんなチートレベルの武器「錯覺さくかく資産」を、どうすれば作れるのか。どうすれば増やせるのか。解説されてゐます。

結局のところ、世の中、實力主義なんかぢやない

思考の錯覺さくかくは、世の中の至るところにかくれてゐます。

しかも大多數だいたすうの人が氣附きづいてゐないといふオマケ付き。

なので、いくら「これからは實力じつりよく主義だ」とか「俺は公平にその人の實力じつりよくを見てその人を評價ひやうかしてゐる」とか言つたところで、結局は思考の錯覺さくかく事實じじつを歪められてしまふわけです。

 

  • 學生がくせい社會人しやくわいじんとでは、人生ゲームのルールが根本的に違ふ
  • 「優秀な人はだいたい成功する」は本當ほんたうか?
  • なんでもわる解釋かいしやくされる人と良く解釋かいしやくされる人がゐるのは何故か?
  • 「安月給で喜んで働く社蓄」が生まれる理由
  • 「ダメな奴はなにをやつてもダメ」なのは何故か?

などなど。

本書では、思考の錯覺さくかくに起因する、世の中の色んな不條理ふでうりを暴いてくれてゐます。

その上で、僕らが人生で有利になるためには、思考の錯覺さくかくを理解すること。

そして逆に使ひこなすやうになることが重要だと説いてゐます。

まとめ

僕も以前までは、インパクトのある數字すうじ一發いつぱつノックアウトさせられてゐましたが、今では一歩立ち止つて考へられるやうになつたがします。

 

そして、作品や實績じつせきなどを發信はつしんするときには「どうすれば、より強力なハロー效果かうくわをつけられるだらうか?」と意識するやうになりました。

 

「思考の錯覺さくかく」は、あらゆる錯覺さくかくの中でも一番厄介なもの。

この本を一度み込んだ人でも、ふとくとたちまちハマるものだとか。

 

僕は流されやすいタチなので、忘れた頃にみ返したい本ですね。

 

▼紹介した本『人生は、運よりも實力じつりよくよりも「勘違ひさせる力」で決まつてゐる』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA