知つておきたい。マインドマップのメリット、デメリット

マインドマップ メリット デメリット

どうも、イラストレーターの萬朶櫻(@wanduoying)です。133朶目の記事です。

この記事をんでゐるあなたは、マインドマップといふ單語たんごを聞いたり、簡單かんたんな概要なんかを知つてゐるのかもしれません。

これらを踏まへて「マインドマップのメリット、デメリットつて何?」といふ疑問を持つてゐることと思ひます。

そこでマインドマップをブログに活用してゐる僕が、マインドマップのメリット、デメリットを書いていきます。

マインドマップとは

なうの思考プロセスを可視化して、記憶力や創造力を高めることができるノート術です。

▼この記事をむと、なんとなく理解できますよ。

デキる人だけが知つてる。頭腦活性化ツール「マインドマップ」とは?

マインドマップデキる人だけが知つてる。頭腦活性化ツール「マインドマップ」とは?

マインドマップのメリット

紙とペンだけといふ手輕さ

マインドマップの道具

パッと思ひつくのはこれ。

PCソフトを使はない、昔ながらのやり方ですね。

 

マインドマップは、基本的にカラーペンや色鉛筆でカラフルに描くものですが、簡易的なものだと紙と鉛筆だけでも大丈夫です。

基本的に身の周りにある筆記用具だけで描くことができますよ。

全體を俯瞰できるので、目的の項目を見つけやすい

マインドマップ 自己紹介

機能的なメリットですね。

上のマップは僕の事故紹介のマップなんですが、パッと見で僕がどんな人間なのか、分かますよね?

他人がみても全體ぜんたいを把握しやすいといふのが、マインドマップの強みです。

 

個人的には「ブログ・SNS」のところ、各メディアの規模やフォロワーかずが一瞬で把握できるのが便利だなと思つてます。

キーワード+枝で連想や付け足しがしやすい

マインドマップと連想

マインドマップでは、キーワード單位でポンポン付け足していくことができます。

 

なうつて割りといい加減なヤツで、

「リンゴといへば果物だな」「果物といへばバナナもあるな」「バナナといへばゴリラ」

こんなふうに、節操なく次から次へとキーワードを出してはフェードアウトさせていくんですよね。

 

あなたにもこんな經驗けいけんありませんか?

「あれ? 最初つて何について考へてたんだつけ?」みたいな。

さうやつて捨て置いたキーワードが意外に重要だつたり……

 

普通なら切り捨ててゐたキーワードや概念を氣輕きがるに、かつ確實かくじつにメモしていくことができます。

頭の整理整頓し、腦を鍛へられる

「頭の整理」については、上で散々書いてるのでいいとして、

なうを鍛へる」ことは實際じつさいにやつてみないと實感じつかんしづらいんですよね……

 

マインドマップ 自己紹介

ためしに僕の自己紹介マップを參考に、あなたのマップを作つてみてください。

紙と鉛筆だけで大丈夫です。

時間は20分で、できるかぎりたくさんのキーワードをだしてみませう。

 

……

…………

………………

 

どうでせう。

終はつてみて、かなり頭が疲れた感がありませんか?

 

この疲れた感こそが、腦をよく使ひまくつた證據しようこでもあるんです。

マインドマップのデメリット

自分の思考が丸見えになる

マインドマップ 自己紹介

これは「全體ぜんたいを俯瞰できるので、目的の項目を見つけやすい」の裏返しです。

 

僕の自己紹介マップを見てもらふと分かるとほり、僕のいろんな所が赤裸々に書かれてますね。

「幼少期はどんなことやつてたのか?」「どんな趣味?」「できること(できないこと)は?」

すべてがパッと見で分かつてしまふので、あまり人に見られたくはないですね(笑)

手間と時間がかかる

マインドマップの描き方には2種類あります。

 

  • 1色だけで、文字だけで描く
  • たくさんの色で、寫眞しやしんやイラストもふんだんに使ふ

 

前者はまだしも、後者は超面倒ですw

誰だつて配色やイラストに頭を使ふのはイヤなもの。

でもそれがマインドマップのルールだから仕方ない……

無料ツールは少し使ひづらい。一部のツールがやたら高い

これはPCソフトの話です。

 

PCソフトでは、「XMind」といふ便利な無料ツールがあります(僕もこれを使つてます)

しかしこのXMind、畫像ぐわざうを入れづらかつたり、いいカンジの曲綫きよくせんが作りづらかつたり、痒いところに手がとどきづらいんですよね~……

 

これの上位互換として、「iMindMap」といふ最強ソフトがあるんですけど、3萬圓まんゑんもするんですよ。

手が出づらい!

まとめ

メリット

  • 紙とペンだけといふ手輕さ
  • 全體ぜんたいを俯瞰できるので、目的の項目を見つけやすい
  • キーワード+枝で連想や付け足しがしやすい
  • 頭の整理整頓し、なうを鍛へられる

 

デメリット

  • 自分の思考が丸見えになる
  • 手間と時間がかかる
  • 無料ツールは少し使ひづらい。一部のツールがやたら高い

 

以上、長々とメリット、デメリットを書きつらねてみました。

 

個人的にはデメリットよりもメリットの方が上囘つてゐる印象です。

だからこそマインドマップを使つてゐるわけですんね。

 

あなたもマインドマップに挑戰てうせんしてみてはどうでせうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA